工場勤務でも住み込みは可能?求人の読み方を理解しよう!


現代における工場求人の実状

工場求人は大別すると工場を運営する会社の直接雇用と、派遣会社を経由した雇用の二種類があります。このうち、工場の運営会社による直接雇用は一年を通して仕事に従事する通年雇用が多く、その一方で派遣会社の経由による雇用は繁忙期の増員を目的とした短期雇用が中心です。いずれの雇用形態も近隣に居住する人であれば通い、そうでなければ会社側が居住用の部屋を用意する住み込みという形になります。住み込みは遠隔地に居住している人でも雇用の対象になる利点がありますが、その反面、居住する部屋の家賃が給与から差し引かれる欠点もあります。また、雇用契約が解除されるのに併せて部屋を立ち退く必要があるのも住み込み雇用の注意点です。

住み込みの仕事を選ぶ際のポイント

住み込みの仕事を選ぶ際は雇用契約の内容をよく確認することが重要になります。住み込みで雇われると居住する部屋を雇い主から提供される形になるので、家賃の支払い義務が発生します。そのため、手取りの金額が家賃の分だけ減ってしまうことを踏まえて仕事を選ぶことを心がけます。また、雇用契約が終わるのと同時に入居している部屋を出る必要があるので、通年雇用の求人を選ぶのが安心して仕事を続けるための重要な条件です。従来の工場の住み込み求人は敷地内にある空き部屋を転用するケースが普通でしたが、被雇用者のプライバシーへの配慮から、現在では工場とは別に寮を建てたりアパートを借り上げて住み込み用の部屋に使うのが主流です。

住み込みの求人は実家から遠く離れた地域で働くなど、住居の確保が困難な事情を持つ求職者に適しています。その一方で仕事を辞める際は住居から出ていくことになるので働く際は慎重な判断が必要です。


Share: