外資系の企業に転職したい?外資のメリットやデメリットは?


外資は実力主義?外資のメリットとは

外資系への転職を考えている人の中には、高収入が得られて残業も少ないなどのイメージを持っている人がいるかもしれませんが、実際はどうなのでしょうか。外資系に転職する場合は、いくつかのメリットが挙げられます。まず一番のメリットといえば、やはり収入が上がりやすいことでしょう。実力主義のため基本給に加えて、仕事で成果を上げることで報酬がアップする傾向にあるようです。成果を上げれば収入だけでなく、評価も高まるため昇進にもつながり、性別や年齢を問わず収入アップや昇進を見込めるのです。また外資の社員は多国籍のため、さまざまな国の文化や習慣、言語などを学ぶこともできるんです。仕事で成果さえ上げていれば、勤務時間や休暇などある程度自由に管理が許されることが多いので、プライベートの時間も持ちやすくなるでしょう。

成果を上げなければつらい?外資のデメリット

外資系の企業で働くには、やはりデメリットも存在します。デメリットで一番先に挙げられるのが、雇用の安定性なんです。仕事で成果を上げられなければ解雇されることもあり、その分人の入れ替わりが激しくなるため落ち着かず、上司が入れ替わる度に方針が変わることもあり得ます。長期で雇用されることがあまりないためか、福利厚生にも不安があります。日本では当たり前の退職金制度なども、社員に平等というより成果を上げている社員が優遇されることが多いようです。多種多様な文化や習慣が混在することに馴染めず、コミュニケーションが上手くいかないことが原因でやめる人もいるんです。また外資系では意思決定や判断が非常に早く自分のペースで仕事ができないため、周囲の仕事のペースについていけなくなる可能性もあります。

成果主義的な考えの外資 IT企業に就職・転職する際は、良い成績を残せないと解雇される恐れがあるということも理解しておく必要があります。


Share: