薬剤師とは具体的にどんな仕事をしているのか


どんどん広がる薬剤師の役割

セルフメディケーションやジェネリック医薬薬(または後発医薬品)など、医薬品を扱う環境やその重要性は高まっています。例えば病院で処方された薬を出す調剤薬局では、薬剤師が患者一人一人の病院通院歴や処方されている薬の有無、薬が重複されていないかなど様々なチェックを行い、処方された薬がベストな効果を引き出せるようにします。また風邪っぽいけれど病院へ行くかどうか迷う、とりあえず薬局で売られている薬でどうにかしたいなど、街のドラッグストアなどでは薬剤師に相談すると症状や体質に合った薬をすすめてくれます。いづれも薬剤師の国家資格を持っている薬剤師なので、安心して任せることが出来ます。

薬剤師が働く場所と求人情報の探し方

薬剤師は調剤専門薬局や一般用医薬品を扱う一般販売業(街のドラッグストアなど)、また病院や診療所に勤務して薬を調剤したり治療チームの一員としてアドバイスをするなど、活躍の幅はどんどん広がっています。また薬品開発や薬の製造などをする薬品会社にも、薬剤師は必要な存在です。様々な場所で活躍していり薬剤師ですが、どのようにして求人を探すのでしょうか。チェーン店の薬局の場合、本部に直接問い合わせてみるという方法もあります。また自分の働き方や条件により、求人情報を掲載しているところだけでは自分とマッチするまでに時間がかかる場合もあります。そのようなときには求人専門のコンサルタントを頼む、また派遣会社と有期雇用契約を結ぶという方法もあります。最近ではシニア層の就業率も高くシニア専用の求人サイトもあります。

薬剤師のシニア求人ならインターネットの求人サイトの中でもシニア層に特化したサイトを使うと探しやすいです。


Share: