専属運転手とは?高級車に乗れるって本当?


VIP向けのサービスを提供する

専属運転手とは、企業の役員などVIPに対し送迎を行う仕事です。ドラマや映画などでなんとなくイメージがあるかもしれませんが、実はそれほどイメージと違いはありません。また、送迎する対象もそう多くはないため、実働時間はそれほど多くありません。数時間の勤務でそれなりの給与を得ることができるため、労働時間が長くなり集中力を欠いてしまうような事態にもなりません。また、慣れてくると乗客から指名を受けることもあります。最初は指定された場所に赴き運転業務に集中し、徐々に指名数を増やしていくのが理想的でしょう。ドライバーの中でも一際特徴的な仕事でもあるため、今までとは違う体験をしてみたい方にもおすすめできる求人です。

高級車を運転できる特権

普段から高級車に憧れている方は、この送迎するタイミングで高級車を運転できるチャンスでもあります。VIP待遇にて使われる自動車は当然高級車ばかりですし、なかなか手の届かない自動車を運転する貴重な機会と言えるでしょう。また、これは求人にもよりますが、専属運転手は歩合制で募集されることもあります。歩合制なら効率よく稼ぐことで収入を何倍にもアップさせることが出来ますし、大きく収入を上げることができれば自分自身で高級車を購入することも可能です。また、送迎運転手として活躍するには第二種免許を取得する必要がありますが、こちらは多くの企業で手厚いサポートを行っているため、想像以上に気軽に取得しやすい点も魅力の一つです。

大事な取引先なお客様の送迎などは運転手の派遣を専門業者にお願いするのも一つの手です。運転もお客様への対応もプロですので、安心して任せられます。


Share: